雨漏り修理にかかる費用

喘息は雨漏りによるカビやダニの発生で起こる可能性が高いです。喘息を発症すると健康被害と、それを治療するための費用が発生します。損害が大きいため、早めに雨漏り修理や対策を行なう必要があります。また、依頼する前に修理にかかる費用の相場について調べておきましょう。その費用が相場と比べて、適切か調べないと高額の費用を請求されてしまいます。

屋根による雨漏りの症状

最近は住宅の屋根は、粘土板岩を使用したスレート屋根が多いです。スレート屋根は紫外線や温度差の影響で、耐久性が落ち少しずつ浮いたりひび割れたりします。浮いた隙間やひび割れの間から雨水が入ることが雨漏りの原因です。また、瓦屋根の住宅も同じ原因で雨漏りが発生します。

屋根修理の相場

スレート屋根のひび割れの修理費用相場は、1枚当たり10,000円から30,000円です。割れたスレートを除去し、新しいスレートを交換して終わりです。瓦屋根の相場もスレート屋根と同じ相場になっています。瓦を外して、野地板の状態を確認してから新しい瓦を設置します。

費用について

腕が良いほど費用も高くなる
屋根からの雨漏りは、修理できる職人が少ないため依頼すると高額の費用が必要になります。内装修理や外壁修理の職人と比較すると数が少ないのです。腕がいい職人だと、更に費用は増してしまうのです。
安全に作業をするために必要
屋根によっては、足場を作成しないと雨漏り修理ができません。そのため、足場組立にかかる費用も発生します。また、足場に使う素材も高騰していますから、どうしても費用は高くなります。
安さを重視しない
費用を抑えようとすると、経験の少ない職人が修理を行なうことになります。それが原因で、修理が上手くいかず再発の可能性が高く値段にも注意しましょう。

屋根で行なう雨漏り修理は、修理の内容や依頼する業者によって費用は変化します。値段は高くなりますが、被害を再発させないためにも確実な修理が必要です。ですから、費用を安くしようとせずに的確な修理を行なう業者に依頼しましょう。

TOPボタン