確実に雨漏り修理をするために修理業者に依頼しましょう。

なぜ雨漏りは完全に修理する必要あるのか

自宅で雨漏りが起こると、シミやカビの発生などの被害が発生します。また、住宅だけでなく住んでいる人の体にも影響がでてしまうのです。雨漏り修理を先延ばしにしてしまうことで、他にも次のような被害が起きてしまいます。

漏電の可能性

雨漏り

雨が室内に入り込むと、ブレーカーやコンセントで漏電が起きてしまいます。漏電が原因で感電したり火災に繋がったりするので危険です。屋根裏に電気回路がある住宅も多く、漏電が原因で何度もブレーカーが落ちてしまう被害も発生します。

アレルギーの発作

雨水が多く入り込み、室内の湿度が高くなるとカビが発生します。カビは様々な影響を与えますが、その中でもアレルギーの発作を引き起こすことです。小さい子供は免疫力が弱く、カビのせいで喘息の症状が起きてしまいます。子供だけでなく、高齢者も免疫力が弱まっていて危険です。

ダニやカビを発生させる

カビている天井

カビの発生はアレルギーだけでなく、ダニの発生にも繋がります。ダニはカビを餌として、カビが大量に発生していればダニも繁殖を繰り返し増殖するのです。ダニの数が増えると、その分室内に死骸も増えてしまうでしょう。その死骸を吸い込んでしまうと、喘息やアトピー性皮膚炎などの健康被害が起きます。

雨漏りの初期症状

少量の雨漏りが発生している可能性
屋根から雨漏りすると、天井にシミとなって現れます。天井の木材が雨水を吸い、シミや黒ずみとなるのですぐに見分けられるはずです。
雨が吹き込んでくる
サッシのパッキンが劣化すると、ひびが入りそこから雨漏りが起きます。雨が降った時に、風が吹いてサッシ周辺が濡れて吹き込むため注意してください。
湿気や水を含んでいる状態
壁紙が湿気を含んでしまうと、壁との間の接着剤が剥がれてしまいます。湿気を改善しない限り、貼り直しても意味がありません。

家で雨漏りをしていれば、このような被害が起きてしまいます。雨漏り修理を行なわないと、徐々に被害は大きくなります。被害を最小限に抑えるためには、初期の被害を把握して早めに修理業者に依頼するのが一番です。

TOPボタン